放射線治療や脳ドックの利用|病気の救急治療隊

放射線治療でがん克服

男性医師

内臓を残せる可能性

放射線治療はがんの治療において、必要になってくるものです。がん治療となれば手術や薬が使われるケースが多いですが、体への負担が大きく難しいものです。 手術の場合、内臓を切除しなければいけないがんもあります。そうなれば生活するうえで大きな負担になることがあります。 どこの内臓にがんができたかによっても変わりますが、放射線治療ならば内臓は切らずに治すことができる場合があります。 薬を使えば、副作用があることはもちろんのこと入院しなければいけないことが多いです。放射線治療でも副作用はありますが、放射線を当てた箇所だけのものであり体への負担は比較的軽い場合が多いです。 放射線治療は、がん細胞の数を減らす方法ですので初期段階のがんであれば対応できるものといえます。

必要最小限度にします

現在では、より負担を減らすためにより精度が高く腫瘍だけを狙う放射線治療が主流になっています。 放射線治療の場合は、一回で終わるのではなく複数回に分けて行うケースが多いです。これはがん細胞の数を減らすものなので経過観察が必要なためです。 がんの状態によっても変わりますが、薬と併用して放射線治療を行う場合があります。これにより、入院が必要ということもあります。 いくらピンポイントで狙えるとしても、体には何かしらの負担があるものです。きちんと睡眠をとり疲労をとることを忘れてはいけません。 個人差があるにしても、放射線治療を行えば通常の生活をしたまま治療を行うことができます。 いつも通りの生活を送れるので早い段階で放射線治療が必要ならば受けておくとよいです。